肌荒れ改善のために馬油を使った保湿ケア

私はずっと実家暮らしだったので化粧品などにこだわりがなく、母が使っている物を借りていました。しかし急な転勤が決まってしまい、初めての一人暮らしをすることになりました。

洗濯機や冷蔵庫など一人暮らしに必要な物を買いましたが、化粧品もその一つでした。今まで自分で買うことがなかったので何を買っていいか分からず、テレビのCMでよく見る化粧品をとりあえず買いました。

初めての一人暮らしと慣れない環境、新しい仕事内容など様々なことが重なり、自分自身でもストレスを感じているのが分かりました。また仕事が忙しくなると自炊もなかなかできず、食生活も不規則になりました。

そして一人暮らしを始めて一ヶ月ほど経つと、ものすごく肌が荒れるようになりました。その時は、変化に対するストレスから来るものだろうぐらいに思っていました。

一人暮らしを始めて半年、新しい環境にも慣れ仕事も順調だったのですが、肌荒れは治りません。その頃、化粧品は初めて買った物をそのまま使っていました。

ある日職場の同僚とランチに行きました。その時に一人暮らしを始めてからずっと肌の調子が悪いことを話しました。すると、同僚が「化粧品があってないんじゃない?保湿って、すごく大事だよ。」と教えてくれました。

それを聞いた私は目からウロコでした。ずっとストレスや食事ばかり気にしていたので、化粧品を見直すという発想がなかったのです。早速家に帰りインターネットで保湿ケアについて調べました。

値段が安くなるべく簡単な方法はないかと見ていると、馬油を使った保湿の方法を知りました。それは洗顔後に化粧水をつけた後に、馬油をつけるという方法です。馬油なら値段も安く、ドラッグストアで簡単に手に入ります。

そしてドラッグストアで馬油を買い、今まで使っていた化粧水の後に馬油をつけることにしました。馬油の効果を実感するためには化粧水は変えない方がいいのかなと思ったので化粧水はそのままです。

べたつくかと思っていたのですが、馬油はすぐに肌に浸透していく感じでベタベタしません。馬油を使って三日ほど経つと、肌荒れが良くなっていくのが分かりました。ファンデーションが綺麗にのるようになってきたのです。

一ヶ月もすると肌荒れは治り、今まで感じたことがないぐらい、肌がモチモチになりました。同僚にも「あれ、肌が綺麗になってる!化粧品何使ってるの?」と聞かれるほどになりました。

馬油を使い出して一年。肌が綺麗だと、自信もつきます。今は自分の肌が大好きです。

空気が乾燥し、肌荒れが心配な季節になってきました。

私が第1に実践している保湿ケアは、濡れタオルを室内に干すというものです。これはインフルエンザ対策も兼ねています。

何と言ってもお肌の保湿ケアで最も気を使うのは、お風呂上がりです。肌が無防備な状態だからです。朝は比較的あっさりめの化粧水をつける日でも、お風呂上がりには必ず乳液か保湿クリームを塗ります。

塗る際には、基礎化粧品が肌に浸透しやすくなる工夫を2つしています。

1つは、基礎化粧品を容器からとって直に肌につけるのではなく、塗る前に手の上で少し温めてから肌につけるようにするというものです。温める時間は1分間程度ですが、直につけた時よりも肌にすんなり馴染む気がします。

もう1つは、基礎化粧品を塗った後に手のヒラで顔を包むようにして、しっかりと保温するというものです。これも1分間程度です。

目の周りの皮膚の柔らかいところは念入りに、2分間くらい温めて気持ちよくなってから手を外すようにしています。

洗顔はあまり脂分を取り過ぎないで、余分な皮脂や汚れだけを落とす洗顔料で柔らかく洗うようにしています。

そしてこうした「外からのケア」に加えて、「内側からのケア」も心がけています。

まずは水分補給です。1日に2リットルは水分を摂るようにしています。真夏以外は温かい飲み物をちびちびと飲むようにしています。

また、野菜を1日にできるだけ400g摂るように頑張っています。なかでも緑黄色野菜は温野菜で毎日摂っています。ほうれん草、小松菜、アスパラ、かぼちゃ、人参などを夕食には温野菜で食べています。

朝食にはこれらのうち1品と果物、豆乳でスムージーを作っています。果物でよく摂るのはビタミンCを豊富に含むオレンジやみかん、キウイフルーツ、イチゴ、リンゴなどです。

時には、豆乳の代わりにヨーグルトを使います。美味しく継続できることを心がけています。そして昼食にはナッツ類を必ず持参して、毎日食べるようにしています。

栄養バランスを乱さないことも、内側からの保湿ケアになっていると思うからです。

これまで私は、あまり保湿ケアについて考えていませんでしたし、元々はニキビができやすい脂性気味の肌なので、脂をいかに出さないかを考えていたほどです。

またCMで見かけるかゆみ肌も縁がありませんでしたし、家族がかゆみ肌になってしまった時は、自分はかゆみを感じていなかったので、ボディシャンプーを保湿タイプにしたり、入浴剤を工夫したりと家族のために努力したほどです。

しかし自分も年を取るに従って、もしかすると「肌が乾燥している?」「かゆみ肌かもしれない?」という考えを持ち始めてしまったのです。

そう考えるきっかけとなった出来事は、化粧品カウンターで肌の測定をしてもらった時にインナードライ肌だと言われしまったことで、保湿をしっかりするようにアドバイスされた時は、自分の肌に対する考えが180度変わりました。

ずっと脂性肌だと思っていましたが、Uゾーンは乾燥気味なので、クリームなどを塗って保湿したほうが良いと言われました。

気持ちは若いつもりでも、体は徐々に水分が抜けているようなので、年齢に応じた保湿ケアをしなければしわしわになってしまい、取り返しがつかない事態になりかねません。

そういうわけで、保湿ケアについて早めに気づいて本当に良かったと思っていますし、お肌が乾燥してかゆくなり夜に飛び起きる前に、事前に対策をとろうと思っています。

また最近気になるのが目の乾燥で、眼科でドライアイだと指摘されましたが、これはパソコンがちょうどエアコンの下にあるのが原因かもしれません。

できればエアコンから離れた場所にパソコンを置きたかったのですが、そんなに広い家ではないので贅沢は言えませんので、洗濯物を部屋の中に干すようにして湿度を調節するようにしています。

加湿器を置きたい気もしますが、手入れ次第ではカビを撒き散らす恐れもあるそうなので、加湿器はしばらく置かないつもりです。

エアコンのすぐ前に洗濯物を乾かしていますが、朝干せば夕方にはバスタオルがパキパキに乾いているほど乾燥していて、今どきの家は空気が循環していて冬は結露がしない分、乾燥気味になるのでしょうか。

ですので保湿ケアのために、もっと洗濯物を干す必要がありそうです。